Klang-Gear head

about

Klang-Gearについて

Klang-Gear since 2009/03

より良い物を作るためのコラボレーションを。:

オンラインで音源を公開していらっしゃる方々に直接お伺いを立て、
ソロ録音の協力などを依頼、共同作品という形での曲作りを提案し、
プレイヤーの作る輪を広くし、お互いの相乗効果としたいと考えています。
もちろん、自分達の作品を認めていただいた上で、協力をお願いしています。
より大衆性を高める為にアレンジ曲中心での提案が多いと思います。
ご協力頂いている皆様には大変お世話になっています。

オリジナリティのあるハイテンションなサウンドを!:

管理人の「martin」&「samlie」によるオリジナルもしくは既成曲のアレンジを公開し、
その内容を認めていただいた同業の趣味の方や音楽好きの方との
コミュニケーションを私達は求めています。

お届けするサウンドは様々です。martin、samlieともの共通的な音楽として、
Dream Theaterなどハードで叙情的なプログレを好みます……が、両名作るものに
関してはほんと差別なく様々なアレンジの物を作っております。

打ち込みが作業の80%を占めておりますが、キーボードのソロやギター、
最近はドラムの入力に関してもリアルタイム入力もしくは生録音を適材適所に取り入れています。

コンテストへの出展:

DTM作曲コンテスト「GameMusic Festival」
samlieがバトル部門・プレイス部門の2部門で入選。
機会があれば気分で参加すると思います。

より広い客層を。:

これまでmartin、samlieともオリジナル作品を中心とした創作活動でしたが、
WEBでの活動意義をより高めるために、もっと聴いてもらえるように
既成曲のアレンジも作っていこうと考えております。

当サイト公開音源についての著作権ガイド:

各々の作曲者まで、事前連絡の上でご相談下さい。
オリジナルもアレンジ曲に関しても同様になります。
使いたいという要望は特にオリジナルならば、ある程度前向きに受け入れられると思います。

作成物の販売など:

基本当サイトでの音源公開はオープンが基本です。
同人活動で販売する分に関してましてはベータ版公開が基本で、
CD版はレコーディングなどを取り込んだ別物を刷り込む形です。
販売物はオープン音源とはある程度別枠で考えています。